« ヤモリを捕まえる | トップページ | こんなメジャーになっていいの鳥肌実 »

2004.09.28

構造改革の酒

某国家機関の食堂にて、

101-0061.jpg

酒のブランドは「衆議院」裏には構造改革の文字が墨墨と・・・・。
うまいのかな?

 ”職場で酒を飲む”習慣だが、今の会社はない。前の会社はあったが、残業で仕事しているそばの会議室がうるさいとか賛否両論あった。伝統的にTOPがこれを率先する習慣もあったが、社風でもあり、「現場」がある会社の特徴かもしれない。つまりみんな一斉に仕事が終わるような会社じゃないと結構難しいし、仕事の終わりを示すセレモニーとして意味あった。

 バブルのころは社員バーみたいなものもはやったが、「個」の時代の到来、その後の不景気で、こうした風習を残している会社も少ないのではないか。某週刊誌の公務員特集じゃないが、役所もそんな風潮が残っている気がする。「構造改革」とはちょっと皮肉・・・。

 ちなみに、昼飯を食いに入ったが、「トン汁定食 500円」でうまかった。エンテツさんにならって、半分ぐらい食べたところで、飯にトン汁をぶっかけた。トン汁は、”ダイコンが箸でつかむと崩れる程度”に煮詰まっているくらいがおいしい。

|

« ヤモリを捕まえる | トップページ | こんなメジャーになっていいの鳥肌実 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 構造改革の酒:

» とん汁をめしにぶっかけて [ザ大衆食つまみぐい]
某国家機関食堂でとん汁をめしにかけるTakeさん。しかし、このボトルには、オドロ [続きを読む]

受信: 2004.09.30 12:56

« ヤモリを捕まえる | トップページ | こんなメジャーになっていいの鳥肌実 »