2004.01.11

ワゴンな生活!

 文京区のリサイクルセンターに行ってみる。二段ベッドがあった。
上の子がもう大きくなってきたので、ちょうど、妻がほしがっていた。ネットオークションでも、3万円ぐらいで新古品がでているが、落札の可能性は結構低い。配送料金のかかる家具は、業者の出展が多くて、個人の中古出展は少ないような気がする。


bed.jpg

 センターの1万8000円ものは、悪くなさそうだ。古品で回収したあと、補強、マットの張替えニス塗りなど、一応の手を入れている。ハイテク機器と違い、こういうものはリサイクルでも十分だ。基本的なデザインは変わっていないし、機能は変わりようがない。センターは老齢者の雇用にも一役買っているようで、リサイクル作業は、おじいさんが裏でやっているようだ。

 デジカメで撮ってきて妻に見せると、悪くないという。部屋の寸法を測りなおして、ふたたびリサイクルセンターへ行き購入。配送料が5000円+組み立て3000円かかるので、自分で引き取り、組み立てることにした。おじいさんが分解してくれたが、難しいものではないようだ。

 フィールダーの後席を倒して左前列を前に倒すと、2メートル近いベッドを難なく飲み込んだ。ワゴンはやっぱり便利だ。前にあったカローラワゴンでもベッドを運んだことがあったが、より乗用車に振っているフィールダーでも十分いける。こういうものを運ぶ機会はそんなにあることではないが、居住性と収納力を高い次元でバランスさせている。走るための機構以外にどれだけ機能を盛り込むかが、最近の車に求められるのであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)